HOME > 豚丼トピックス >  「帯広豚丼の具」子ど…
「帯広豚丼の具」子ども食堂に寄贈 日本ハム
登録日時:2024/03/20 13:46 [ 豚丼ニュース ]
-2024年3月20日十勝毎日新聞紙面より-

 食肉販売大手の日本ハム(大阪府)は13日、十勝総合振興局が進める「子ども食堂応援事業」に、「帯広豚丼の具」を計900食分寄贈した。

 「帯広豚丼の具」は、帯広物産協会の協力で昨年2月末に同社が発売。家庭向けのレトルト食品と、業務用の冷凍食品の2種類がある。今回はレトルトを100袋、冷凍を300袋寄贈した。冷凍の具は子ども食堂への配送も同社が負担する。

 この日は同社業務用営業企画部の内田康之部長、同協会の植松秀訓専務理事らが振興局を訪れ、芳賀是則局長に手渡した。芳賀局長は「子どもたちが喜ぶと思う」と感謝した。

 内田部長は「開発で協力してもらった帯広への恩返しで寄贈した。食べ盛りの子どもたちにたくさん食べてほしい」と話した。

 レトルトの具は、管内22の子ども食堂のうち、提供を希望する食堂に今月中旬までに配る。同社は昨年3月、市内の児童養護施設「十勝学園」にも豚丼の具を寄贈している。(北村里沙)

豚丼の鶴橋

正己 秦(はた)食堂

食事・酒蔵 森田屋

割烹・お食事処 熊の子

レストラン ケルン

食事処 海幸

レストラン 郷里ちゅうるい

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.