HOME > 豚丼トピックス >  中札内フェーリエンド…
中札内フェーリエンドルフに十勝産自販機 豚丼ボールも!
登録日時:2022/08/28 13:13 [ 豚丼ニュース ]
-2022年8月28日十勝毎日新聞紙面より-

 【中札内】キャピタル・ゼンリン(帯広市、米田健史社長)が運営するグランピングリゾート・中札内フェーリエンドルフ(中札内村南常盤東4線)内に、ジンギスカンなど十勝の特産品が買える自動販売機が登場した。

 同事業は帯広信用金庫が管内事業者をパートナー企業に、特色ある地場産品が買える自動販売機を設置する。事業展開にあたっては公益財団法人・日本財団「わがまち基金」を活用し、事業者応援「十九勝(とくかち)プロジェクト」と銘打ち、コロナ禍の打開や人手不足対策などとして進めている。

 中札内は4カ所目。グランピングなどの利用者のニーズを予想し、味付ロースジンギスカン(1500円、かんの精肉店)や豚丼ボール(1000円、びさん)、北海道フロマージュ(1200円、十勝トテッポ工房)など7品を提供。設置は8月5日で、帯信金の八木智専務理事や米田社長、同社の西麻衣子取締役が見守った。

 同社の志鎌周経営企画室長は「売店は夜8時で閉店するので、利用者の利便性向上につながっている。目立つので立ち止まる人も多く、多い日で2ケタの利用があった」と話している。(佐藤いづみ)

味の末広

「道の駅」ピア21しほろ

あさひ食堂

お食事処 香味屋(かみや)

海鮮 蔵

旬彩・天ぷら 心喜一天

喰処 三吉

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.