HOME > 豚丼トピックス >  ハピまん 新顔「白樺…
ハピまん 新顔「白樺ポーク豚丼」 ハピオ
登録日時:2021/08/09 13:28 [ 豚丼ニュース ]
-2021年8月9日十勝毎日新聞紙面より-

 【音更】JA木野の子会社でスーパーのハピオなどが新商品「道産米と食す白樺ポーク炙(あぶり)り豚丼」と、夏季限定「ハピまんチーズカリー」を開発し、同店で販売している。

 豚丼は中札内村のブランド豚「白樺ポーク」と、和食に合うとされる道産米「ふっくりんこ」を使用。東洋食肉販売(本社埼玉県)が加工・製造。豚ロースを55度の低温で12時間じっくり焼き上げ、軟らかい肉に仕上げた。たれはかつおと昆布ベースにリンゴを合わせたハピオ独自の調合。黒々とした豚丼のイメージを変える淡泊な色味も特徴だ。1折り798円で、5日から販売している。

 新作ハピまんは、7月29日から販売中。夏向きの香ばしいカレー味を2000~3000セット限定で販売。具材は東洋食肉販売が製造している「ビーフカレーMAX」を使用。牛肉はハピまんの成分含有量のうち約5割を占める。通常のハピまんより2~3割肉が多いことで、より肉らしい味わいを楽しめる。冷凍商品のため500ワットで40秒の加熱が必要。1パック6個入りで980円。

 両商品とも、北海道フードネットワークプロジェクト(帯広物産協会事務局)の一環で企画した。鳥海正行副社長は「二つの商品ともこだわって完成にこぎ着けた。ハピまんは、今後も季節限定商品の展開も含めて開発を進めたい」と話している。(本田龍之介)

礼ちゃん食堂

龍月

味処 新橋

自然派ラーメン めん吉木野店

炭焼豚どんのぶた八

お食事 ほろよい食堂

藪(やぶ)そば かし和家

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.