HOME > 豚丼トピックス >  帯広名物・豚丼を紹介…
帯広名物・豚丼を紹介 平松洋子さんエッセー本
登録日時:2013/04/11 14:35 [ 豚丼ニュース ]
- 2013年4月11日十勝毎日新聞紙面より -

 エッセイスト平松洋子さんの著書「ステーキを下町で」(文藝春秋)で、帯広名物の豚丼が紹介されている。元祖の「ぱんちょう」を中心に、豚丼誕生の歴史や十勝の文化などがつづられている。

 雑誌「オール読物」(同)で連載した食べ歩きエッセーを単行本にまとめた。

 十勝ならではのメニューとして開発したぱんちょうの豚丼は、「羽がはえたみたいに消えてゆく食べ心地には、丼ものの王道の風格がある」と評している。

 他にも、晩成社入植から始まる開拓と養豚の歴史、「はげ天」の豚丼や六花亭のマルセイバターサンドなどにも触れている。

 本では、谷口ジローさんの漫画とともに、根室のサンマや沖縄そばなども紹介している。1575円。 (池谷智仁)

やまべ料理・仕出 食事処 暖笑(だんしょう)

みどりヶ丘温泉サウナ・ビジネスホテル レストラン喫茶 ヘルシー館

そば処 みなとや

ドライブインいとう とかち清水本店

浮舟

食事処 すぽっと

味の龍月

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.