HOME > 豚丼トピックス >  83歳おかみ 矢野さ…
83歳おかみ 矢野さん引退へ はげ天 長崎屋店が閉店
登録日時:2020/06/25 13:43 [ 豚丼ニュース ]
-2020年6月25日十勝毎日新聞紙面より-

 帯広市の老舗料理店「はげ天」(矢野整社長)の長崎屋店(長崎屋帯広店4階)が、28日の営業を最後に閉店する。店を切り盛りしている先代社長夫人矢野靖子さん(83)の年齢的な理由。閉店を前に、店には「十勝を代表するおかみ」の引退に花を添えようと常連客が訪れている。

 はげ天は1934年に創業。現在は帯広市内で本店など4店と札幌で1店を展開している。長崎屋店は1990年の長崎屋オープン時に開店。2代目社長・故治夫さんの妻の靖子さんが代表となり、独立採算制で営んできたが、30日にテナント契約の満了を迎えることから、更新せずに店を閉めることにした。

 「十勝を代表するおかみ」。靖子さんは、常連客から親しみを込めてそう呼ばれた。天丼や豚丼のたれ作りは、本店から受け継いだレシピで自ら担当。調理法は同じでも、あえて長崎屋店に通う客もいた。

 観光客が多い本店に対し、来店客の約8割は地元客。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3、4月は売り上げが半分ほどに落ち込んだが、緊急事態宣言解除後の回復は早かったという。

 靖子さんは「お客さまは家族のような存在。長く営業できたことに感謝している。引退後は趣味のお茶や日本画をして過ごしたい」と話している。(沖田唯可)

ラーメンの百番 本別店

どでからーめん

Heart Field(ハートフィールド)

豚飼い屋 十勝の豚丼

和食や すし膳 仕出し

レストランひまわり イーストモール店

なかなか

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.