HOME > 豚丼トピックス >  ふるさと甲子園で豚丼…
ふるさと甲子園で豚丼をPRしてきた! なつぞらの舞台発信
登録日時:2019/08/25 13:53 [ 豚丼ニュース ]
-2019年8月25日十勝毎日新聞紙面より-

 【東京】映画やドラマのロケ地とご当地グルメをテーマに、地域の魅力を競い合う「第5回全国ふるさと甲子園」(実行委員会主催)が24日、都内秋葉原で開かれた。十勝から初出場した帯広市はステージPRやブースでのグルメ・物販販売などを通し、「なつぞらの舞台・十勝」を発信した。

 全国各地から55団体が参加。2部構成で行われ、3000人超が来場した。帯広市と帯広観光コンベンション協会の出展ブースでは、音更町内のスーパー・ハピオが協力。出来たての豚丼(400食)や「ハピまん」などを販売、豚丼は完売する人気だった。

 1分間スピーチでは、スピッツのイントロを歌って観客を引き付けるパフォーマンスを披露。市商工観光部の大林健一観光課長は「こんなに集客力のあるイベントだと思わず驚いた。地域をPRする良い機会になった」と話していた。

 ボランティアスタッフとして帯広のブースを手伝った跡見学園女子大1年生の女子学生(18)=さいたま市在住=は、「(試食した)豚丼はとてもおいしかった。いつか十勝を巡りたい」と笑顔を見せていた。

 来場者と審査員による投票の結果、令和最初の「行きたいまちナンバー1」には、佐賀県唐津市が選ばれた。(植木康則)

なかなか

ぶた一家

丸鶏ステーキ みさき食堂

小高い丘のレストラン カウベルハウス

味処 き久好(きくよし)

味の十八番

アパッチカレー&どさんこ

BUTADON.COM内の記事・写真などのデータの無断転載はご遠慮ください。
運営元:十勝毎日新聞社 メール:info@butadon.com (※掲載各店の詳細、取材申込などは各店舗に直接お問い合わせ下さい。)
Copyright (C) Tokachi Mainichi Newspaper,Inc. All rights reserved.